SNSに疲れたら1人でこっそり出会い系サイトを楽しむといいかも

現代人はとにかく忙しい。たまにはひとりでこっそり楽しめる遊びも大事。

最近は、ほぼ100%の人がスマホを持っていて、Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSをやっています。

いつでも、どこでも、だれとでも、簡単にコミュニケーションが取れる時代になったのはうれしいことなのです。

ただ、その反面、絶えず人と繋がっていることで、SNS疲れを感じている人が増えてきているのも事実です。

少ない現代人はひとりの時間が欲しいと思っていて、それをターゲットにした商品なども増えてきています。

スターバックスなどのカフェで1人のゆっくりした時間を楽しんだり、バーで大人な静かな時間を過ごしたり、そういうひとりで楽しめる大人の遊びが求められています。

おひとりさまで、こっそりと楽しむ人が急増しているのが出会い系サイトです。

男はもちろんのこと、女性も家事や育児の疲れやストレスで、新しい異性との出会いを求めており、女性の登録者も増えています。

一昔前の出会い系サイトは、ちょっといかがわしい感じがしていましたが、最近の出会い系サイトは、かわいく作られていて、占いやゲームなども充実していたりして、女性も気楽に楽しむことができるようになっています。

女性の登録者が増えているのもそういう理由が一因となっています。

異性との新しい出会いというのは、セックスするとか、そういう話は抜きにしても、楽しいものです。

一緒に食事をして話をするだけでも、新しい刺激をお互いに受けて、人生にハリが出ます。

出会い系サイトというと、どうしても今すぐ出会ってセックスをするというイメージを もっている人が多いですが、必ずしも全てがそういうわけではありません。

純粋に出会いを楽しむんでいる人もいるので、あまりうがった見方をせずに一度楽しんでみるのもおすすめですよ。

最近は、大手の出会い系サイトであるハッピーメールやワクワクメールだけでなく、スマホアプリでも出会い系サイトというかマッチングアプリがたくさん登場しています。

どれがいいのかは、出会いの目的にもよりますので、自分が出会い系サイトでどういう楽しみ方をしたいのかによって使い分けて下さい。

住宅性能表示制度の等級で商品ごとの耐震性がわかる

多くのハウスメーカーでは、一般のユーザにも住宅の性能をわかりやすく理解してもらうために、住宅性能表示制度を利用していることが多いです。

ハウスメーカーは商品企画の段階で住宅の性能を確定させることが多いので、こうした情報のハウスメーカーを選ぶ際の重要なベースになります。

住宅性能表示制度の耐震等級は建築基準法の新耐震設計基準をもとに評価されています。この基準では耐震性を確認する方法を2つに分けて定めています。にかいだてまでの木造住宅では、壁量の計算で確かめます。

住宅の規模に応じて、最低限必要な耐力壁の長さが決められていて、壁に使う筋交いや合板の強度、耐力壁の配置などを調整して必要量に足りるかを確認します。

3階建て以上の木造住宅やその他の構造建物は、より緻密な構造計算を行います。許容応力度計算、限界耐力計算と言う構造力学の計算式が定められていて、それに従って荷重、積雪、風圧、地震などの力に耐えられるかを緻密に検証します。

性能評価では、等級1が建築基準法の最低限の求められるレベル、等級2は、建築基準法が求める性能の1.25倍の強度、最高等級の等級3は1.5倍の強度が目安になっています。

現在ハウスメーカーの住宅商品には耐震等級3が多く見られます。これからの住宅は等級3がスタンダードと言っても過言ではありません。

さらに最近では戸建て住宅でも免震、制振などの商品ラインナップを揃えているハウスメーカーもあります。

耐震と言うのは、単純に地震の揺れに耐える強さですが、他にも揺れを低減させるコントロール技術があります。

それが免震と制振です。多くのハウスメーカーが採用しており、最近では戸建て住宅でも徐々に普及し始めています。

これから住宅を建てることを考えている人であれば、耐震や制振の技術を使った住宅を建てることも十分視野に入れて検討すべきだと思います。

耐震技術、制振技術、免震技術は、特に二世帯住宅の場合に利用すると良いかと思います。

リビングダイニングには扉付きの収納を作りましょう

特に広い面積の取れない都市部では、応接間や客間といった昔の日本の住宅によくあるゲストをもてなすための独立した部屋を作るのは難しく、リビングやダイニングがもてなしの場となっているのが最近の主流です。

しかし一方で、リビングやダイニングは家族の生活の中心となるスペースであるので、生活感に溢れた細々したものが散らかりますし、特に子供がいる家庭では、子供のおもちゃなど様々なものが散らかり放題になるのが現実です。

使ったものをそのたびに元の場所に戻すことができればベストなのですが、現実問題としてはなかなかそのような余裕がなく、テーブルや床の上に放置されたままの状態になっているという家庭も多いでしょう。

友達と約束をしていたり予定を立てていた場合には、事前に準備をすることができますが、急な来客があったときなどに対応するのが難しくなります。

そこでオススメなのが、突然の来客にもすぐに対応することが出来るようにするために扉付きの収納をリビングやダイニングに設けるプランニングです。

とりあえずの対応として、散らかっているものを扉付きの収納の中に掘り込んで隠すことができるので、強な来客があっても慌てることなく対応することができます。

リビングやダイニングの壁一面に、棚を設けると圧迫感がありますが、壁と同色の扉にするなどして工夫をすることで扉も壁と同じような感覚にすることができ、圧迫感を少なくすることができます。

収納のためのスペースを取れば、その分リビングやダイニングが狭くなってしまいますが、テーブルや床の上に散らかり放題になっているものを簡単に片付けることができるので、実際にはかえってスッキリして広く感じることができます

細々とした文房具や子供の勉強道具、掃除機、ダイニング周りでよく使うものなどを丸ごと収納できるスペースを確保しておきましょう。

またリビングダイニングの隅に、納戸のような大型収納庫を設ける方法もオススメの1つです。

配線や電子機器などでごちゃごちゃしがちなパソコンスペースや書斎、仕事部屋なども納戸に入れることができるのでリビングが大変すっきりします。

間取りについての提案力があるハウスメーカーや、ミサワホームのように蔵のある家など収納スペースを作るのが得意なハウスメーカーなどに相談してみるのも良いでしょう。

ハウスメーカーの選び方についてはこちらのホームページなどを参考にすると良いでしょう。

大手だからと言って、どんな家を建てるのにも強いということはなくて、それぞれに得意なものがありますので、最初から1社に絞り込まず、複数のハウスメーカーを比較することが大切です。

家計に優しいだけでなく健康にも優しいゼッチ住宅

日本でもようやく本格的に普及が進みつつあるネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)。今の段階でもすでに多くの人がゼッチ住宅で暮らし、日常生活の中で様々なメリットを享受し始めています。

実際にゼッチ住宅を建てた人はゼッチ住宅のメリットを強く感じることができますが、まだまだこれから建てようと検討している人にとっては、ゼッチ住宅の本当のメリットが感じられないのでコストが高いゼッチ住宅を建てることを躊躇してる人も多いのが現実です。

都市部などにある準防火地域ではゼッチ(ZEH)住宅を建てるのが難しいです。なぜなら、敷地や屋根の面積に限りがあることから、太陽光発電パネルを屋根に搭載するのが難しく、たとえ太陽光発電パネルを載せることができたとしても、住宅が密集しているため、日が当たりづらく、ゼッチ基準を満たすだけの発電量を得ることができないことが多いからです。

そのためこのような地域では、プランを提案する際子ゼッチ住宅のことには触れないハウスメーカーや工務店も少なくありません。

そのような地域でゼッチ基準を満たすことができる家を建てるためには高い技術とデザインの提案力が求められるために、実現することができるハウスメーカーも限られてしまうのです。

ただゼッチ住宅には補助金が出たり太陽光発電で発電した電気を売電することができるなど、たくさんのメリットがあるため一応最初に検討したいと思われているお客様も多いため、それを提案できないハウスメーカーはこれから生き残っていくのが難しいかもしれません。

実際にネット・ゼロ・エネルギー住宅に住み始めてみた人に話を聞いてみると、冬は暖かく夏は涼しくて本当に快適で、しかも光熱費が大幅に削減できるので最初に高いコストを払っても十分それに見合うだけのリターンが得られると言うことです。

ぜひ、皆さんもこれから家を建てる際には、ZEH住宅を検討してみてください。というよりも、これはらの住宅は最低でもZEH基準を満たしていることが必要とも言えますので、ZEH基準を満たす家を建てられないようなハウスメーカーや工務店は候補から外すのが良いでしょう。

高断熱で高気密の家は光熱費が安くなり家計に優しいだけではなく、アレルギー、花粉症、風邪、インフルエンザ、ヒートショックなどの健康被害にも有効なことが研究で証明されています。ゼッチ住宅は家計に優しいだけではなくそこに住む人間の健康にも影響するほど重要なことなのです。

ダイニングに窓を配置する

最近は、一人ひとりに子供部屋を持たせるのではなく、子供たちが全員リビングやダイニングに集まって、勉強したりするのが流行っています。

もともとリビングダイニングは友達を呼んだりしてお茶を楽しんだりすることが目的なのですけれども、最近は家族の団欒が主な目的になっている場合が多いです。

そんな家族みんなが集まって心地よい時間を過ごすダイニングですが、より豊かな場にするアイデアが1つあります。

それは窓を1つ上手に配置することです。

庭の木々の緑などが見えるようにしたり、少し外が見えるようにして、窓を配置すれば、そこから光が入ってきたり、緑の色が入ってきたりしてそれだけで部屋の雰囲気が大きく変わります。

自宅に電話がない場合でも、隣に緑があったり、公園があったり、隣の家の庭に立派な木などがあれば、それを眺められるような場所に窓を配置することで借景することができます。

外の景色が綺麗に見える位置に上手に窓を配置するとそれがあたかも額縁に入った影のようになってリビングダイニングの雰囲気が豊かになります。

明るく開放的な家を望むことが多いので、大きな窓をあちこちに希望する人も時々ますが、せっかく窓を開けても眺めが悪くて、カーテンを閉めることになっては本末転倒です。

あまり意味のない窓を大きく開けるとコストがかかりますし、家の構造上も耐震性が弱まりますし、家具の置き場にも困ることになります。

ここならいい景色が取り込めると言う場所を見極めて、ピンポイントで暮らしを豊かにしてくれるような場所に窓を設けるようにしましょう。

窓の配置によって、家の良し悪しが大きく変わってきます。家の周りをぐるっと見渡して、良い景色がないかを確認し、それを取り込めるような配置に窓を作ることができないかどうか一度検討してみましょう。