家計に優しいだけでなく健康にも優しいゼッチ住宅

日本でもようやく本格的に普及が進みつつあるネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)。今の段階でもすでに多くの人がゼッチ住宅で暮らし、日常生活の中で様々なメリットを享受し始めています。

実際にゼッチ住宅を建てた人はゼッチ住宅のメリットを強く感じることができますが、まだまだこれから建てようと検討している人にとっては、ゼッチ住宅の本当のメリットが感じられないのでコストが高いゼッチ住宅を建てることを躊躇してる人も多いのが現実です。

都市部などにある準防火地域ではゼッチ(ZEH)住宅を建てるのが難しいです。なぜなら、敷地や屋根の面積に限りがあることから、太陽光発電パネルを屋根に搭載するのが難しく、たとえ太陽光発電パネルを載せることができたとしても、住宅が密集しているため、日が当たりづらく、ゼッチ基準を満たすだけの発電量を得ることができないことが多いからです。

そのためこのような地域では、プランを提案する際子ゼッチ住宅のことには触れないハウスメーカーや工務店も少なくありません。

そのような地域でゼッチ基準を満たすことができる家を建てるためには高い技術とデザインの提案力が求められるために、実現することができるハウスメーカーも限られてしまうのです。

ただゼッチ住宅には補助金が出たり太陽光発電で発電した電気を売電することができるなど、たくさんのメリットがあるため一応最初に検討したいと思われているお客様も多いため、それを提案できないハウスメーカーはこれから生き残っていくのが難しいかもしれません。

実際にネット・ゼロ・エネルギー住宅に住み始めてみた人に話を聞いてみると、冬は暖かく夏は涼しくて本当に快適で、しかも光熱費が大幅に削減できるので最初に高いコストを払っても十分それに見合うだけのリターンが得られると言うことです。

ぜひ、皆さんもこれから家を建てる際には、ZEH住宅を検討してみてください。というよりも、これはらの住宅は最低でもZEH基準を満たしていることが必要とも言えますので、ZEH基準を満たす家を建てられないようなハウスメーカーや工務店は候補から外すのが良いでしょう。

高断熱で高気密の家は光熱費が安くなり家計に優しいだけではなく、アレルギー、花粉症、風邪、インフルエンザ、ヒートショックなどの健康被害にも有効なことが研究で証明されています。ゼッチ住宅は家計に優しいだけではなくそこに住む人間の健康にも影響するほど重要なことなのです。

ダイニングに窓を配置する

最近は、一人ひとりに子供部屋を持たせるのではなく、子供たちが全員リビングやダイニングに集まって、勉強したりするのが流行っています。

もともとリビングダイニングは友達を呼んだりしてお茶を楽しんだりすることが目的なのですけれども、最近は家族の団欒が主な目的になっている場合が多いです。

そんな家族みんなが集まって心地よい時間を過ごすダイニングですが、より豊かな場にするアイデアが1つあります。

それは窓を1つ上手に配置することです。

庭の木々の緑などが見えるようにしたり、少し外が見えるようにして、窓を配置すれば、そこから光が入ってきたり、緑の色が入ってきたりしてそれだけで部屋の雰囲気が大きく変わります。

自宅に電話がない場合でも、隣に緑があったり、公園があったり、隣の家の庭に立派な木などがあれば、それを眺められるような場所に窓を配置することで借景することができます。

外の景色が綺麗に見える位置に上手に窓を配置するとそれがあたかも額縁に入った影のようになってリビングダイニングの雰囲気が豊かになります。

明るく開放的な家を望むことが多いので、大きな窓をあちこちに希望する人も時々ますが、せっかく窓を開けても眺めが悪くて、カーテンを閉めることになっては本末転倒です。

あまり意味のない窓を大きく開けるとコストがかかりますし、家の構造上も耐震性が弱まりますし、家具の置き場にも困ることになります。

ここならいい景色が取り込めると言う場所を見極めて、ピンポイントで暮らしを豊かにしてくれるような場所に窓を設けるようにしましょう。

窓の配置によって、家の良し悪しが大きく変わってきます。家の周りをぐるっと見渡して、良い景色がないかを確認し、それを取り込めるような配置に窓を作ることができないかどうか一度検討してみましょう。